叢生-そうせい- | 矯正歯科 子どもの症例

叢生-そうせい-

顔のゆがみが改善された小児矯正の症例

カテゴリー: お知らせ, 叢生-そうせい-, 矯正歯科 症例

叢生、いわゆるガタガタの歯並びです。

ガタガタ 歯並び 叢生arrowガタガタ 歯並び 叢生

ガタガタ 歯並び 叢生arrowガタガタ 歯並び 叢生

ガタガタ 歯並び 叢生arrowガタガタ 歯並び 叢生

ガタガタ 歯並び 叢生arrowガタガタ 歯並び 叢生

ガタガタ 歯並び 叢生arrowガタガタ 歯並び 叢生

ガタガタ 歯並び 叢生arrowガタガタ 歯並び 叢生

ガタガタ 歯並び 叢生arrowガタガタ 歯並び 叢生

彼女は、顎の痛みが当初の主訴で18歳から治療をはじめました。
咬み合せが悪く、顎関節症がひどく口を開けるのも辛い時期がありました。また、硬いお肉等は食べることが出来ず、食べることが遅いという主訴もありました。

見た目の問題もありましたが、右上の2番目の歯が内側に入ることにより咬み合せがズレてしまっています。
治療後は、顔のズレも改善し、良く咬める様になりました。

もし、小児の時期から矯正治療を始めていれば、大人になってから矯正治療をはじめるよりも、
早めに治療を始めることで顔つきにも良い影響が出ます。
また非抜歯になる可能性も高くなり、よりフェイスラインも綺麗になっていたことでしょう。
小児時期の早期検診、早期治療はとても大切なポイントです。